産業医とは企業働く人の健康を守る医師のことです

会社には産業医がいます

今はどこの企業でも業務は多忙になりがちで、そのために体調を崩してしまう人もいます。そのようなことを未然に防ぐ意味でも各会社には産業医がいます。会社で働く人の健康を管理して、時には健康についてアドバイスをしたり、治療をしたり、また、病院を紹介したりします。産業医になるためには、医師であって、働く人の健康を管理するための医学知識を身に付けていることが必要です。また、常時50人以上の職場には最低1人の産業医を選任しなければなりません。産業医の業務は、健康診断の実施やその会社などで働く人達の健康を保つことです。特にインフルエンザなどの流行性の病気が流行った場合は、その対策として、うがい、手洗いの励行などを指示したり、予防注射をするように促したりできます。

メンタル面の悩みも産業医は相談されます

今は、どの会社でも多忙です。それによって、環境についていけなくなり、メンタル面を病んでしまう社員もいます。まずは、会社の上司は、産業医に相談するようにします。そして、産業医の判断で、より専門的な医療機関で診察した方が良いと考えられた場合は、精神科を受診することになります。精神科の医師により、メンタル面を病んだ社員がうつ病と診断されたとします。それから、休職1ヶ月という診断書が出されたら、まずは、病気休暇を取得させることです。そして、不在の間、仕事のことの引継ぎを終えてから、仕事のことを考えずにゆっくり、のんびりするようにさせましょう。また、精神科医とともに産業医もうつ病の社員に寄り添ってあげることが大切です。元気になって復帰したら、またバリバリ働けば良いのです。

産業医の募集とは企業などで職員の健康状態の相談などをする医師のことです。最近はメタボなどで産業医の需要度が高まっています。