子ども好き集まれ!保育士になる最短コースはどれだ?

保育士はいつでも人手不足!

待機児童が社会問題化して長くなりましたが、解消は一筋縄ではいかないようです。保育所の数自体は充実してきている反面、全国どこでも肝心の保育士の不足で悩んでいる現状があります。

保育士になるにはどうすればいいの?

保育士は国家資格です。資格を取るには大きく2つの方法があります。一つは大学・短大・専門学校の保育士養成課程で決められた課程を修了する方法、もう一つは保育士試験に合格することです。学校で課程を取りさえすれば卒業と同時に資格が取得できるので、難関と言われる保育士試練に合格する必要がありません。保育士試験は難易度が高いことで知られ、合格率も10%前後と大変厳しいものがありますが、誰でも受験資格があるというメリットもあります。高校生の時から「将来は保育士になる!」と決めているのであれば、保育士養成学校に入るのが最短で確実な方法と言えるでしょう。

実際に保育士として働くにはどうすればいいの?

保育士として働くには、公務員の保育士になる方法と民間企業に就職する方法があります。公務員の保育士になれば待遇はもちろん給与も公務員と同等なので安定した働き方が出来ます。公務員の保育士になるには、勤務したい自治体の保育士採用試験に合格する必要があります。内容は自治体によって差があるので、ご自分の希望する地域の情報をチェックしておくことをお勧めします。試験に合格すれば即就職、というわけではない事にも注意しましょう。試験合格者は名簿に名前が載りますが、保育所からの打診が無ければ実際に働く事は出来ません。民間の保育士になる場合に注意したいのは、学校や知り合いに薦められた、などの理由で安易に決めてしまわないことです。体験や見学などをし、内情を把握してから就職先を決定するようにしましょう。

保育士の求人なら神奈川で申し込むことで、近隣の勤務条件が優れている施設の仕事内容などをすぐに把握することが可能です。