介護の仕事をするために必要な免許とキャリアアップ

介護の仕事をするには免許が必要?!

高齢化社会の日本で最も注目度されているのは介護の仕事です。超高齢化社会の到来を目前に控え、多くの人が介護の仕事への就職や転職を希望しています。しかし、介護の仕事を始めるにはどのような資格が必要なのでしょうか。まず、介護の基本的な仕事の中には身体介護と呼ばれる高齢者への直接介護と、生活援助と呼ばれる高齢者の代わりに掃除や洗濯、買い物に行ったりする間接的な介護があります。高齢者にとってはどちらの介護も重要であることには変わりはないのですが、身体介護をする場合はより専門的な知識と技術が必要になるため、ホームヘルパー2級以上か介護職員初任者研修修了以上の資格を取得しておく必要があります。多くの介護施設では身体介護サービスの提供を行っているため、介護職への就職・転職希望者はこれらの資格を取得しておく方が働き始めやすいと言えます。

介護の仕事の将来性とキャリアアップ

マクロ的な視点から見れば、今後確実に介護が必要な高齢者は増加するので、介護業界への需要は増々拡大していくと言えます。それでは、介護の仕事をしている現場スタッフのキャリアの積み上げ方はどのような状況になっているのでしょうか。まず、介護の仕事でキャリアを積むためには介護職の有資格者であることが必要です。介護の仕事の中には無資格でもできるものはありますが、それらの仕事を続けていてもキャリアアップには繋がりません。初歩的な資格である介護職員初任者研修を修了後、実務者研修・介護福祉士と資格のレベルを上げていくことにより仕事内容や給料にも影響し、訪問介護事業所の起業をすることもできるようになります。

介護の求人を東京の周辺で探すうえで、各自の実務経験や所有資格などに応じて、人気のある事業所の特徴を理解することが大事です。