薬剤師になるために?!求められる能力3選!

薬剤師には注意力が必要!

薬剤師である場合、子供から大人、軽症患者から重症患者まで多くの人たちの薬を調剤します。調剤を一歩間違えてしまったら、命に関わる重大なトラブルに繋がってしまいます。一人一人の処方箋に合わせて、正しく調剤しなければいけないため、注意力が求められるのです。普段からうっかりミスをしてしまったり、忘れ物をすることが多い人は、薬剤師の仕事は避けた方が良いでしょう。うっかりミスや忘れ物が多い人は、まずは自分の身の回りで注意力を高める心がけをして、性格を改善する努力をすると良いです。

集中力が必要である?!

薬剤師の業務をしっかりと行うためには、集中力が必要です。なぜなら働く場所にもよりますが、何枚もの処方箋を受け取り、それぞれの調剤を正しく行わなければいけません。長時間仕事をこなしているうちに、集中力が切れてしまうと、調剤を間違えてしまったりと、トラブルを起こしてしまうので、細かい作業への集中力が続く人にはおすすめだと言えます。

薬学への興味を持っていなければいけない?

薬剤師になりたいと思っている人の中で、薬学に興味の無い人にとっては、とても大変な道のりとなります。薬学に関して多くの知識を覚え込まなければ、職場で活躍しトラブルなく仕事を進めることは出来ません。また、実際に薬剤師として働き出してからも、新しい薬について、新しい調剤方法について、新しい研究結果についてなど、学び続けていく必要があります。薬剤師になりたいという漠然な目標だけではなく、興味を持って取り組むと良いでしょう。

薬剤師の派遣における業務は、調剤業務や服薬指導、監査などが挙げられます。給与が高額であることを謳っている職場も多く見受けられます。