何が大切!?子育てママの仕事はこう選ぶ!

仕事を持つ子育てママ事情

子育て中のママは、家計にゆとりを持たせるために、ママになっても社会にでて人のためになりたいからなど色々な理由で仕事を始めます。とはいえ、保育園のお迎えや子どもの病気で思うように働けないこと、仕事で疲れて帰っても今度は子どものお世話に追われて息つく暇もないことなどなど悩みはつきません。

子育てママに理解のある人間関係良好な職場を

始めたばかりの職場で、まだまだ周りに気を遣いたいところでも、先に述べたような子どものお迎えや病気事情は待ってはくれません。仕事が終わらずもう少し残業したくてもほかの職員を残して先に退社せざるを得ないことは多々あるでしょう。ですから、なるべく会社側のスタンスとして、〇〇さんは〇時には退社するということを快く認めてくれる職場を選びましょう。もちろん、申し訳なさを周りに表現することは必要ですが、必要以上に気を遣わないといけない職場では身が持ちませんし、仕事で過度のストレスを抱えて帰宅すると、そのあと優しくしてあげたい子どもたちの前で笑顔のママでいられません。

移動距離も大事!一日の移動をイメージしてみましょう

子どもたちの送り迎えもすべてママが引き受ける場合、朝子どもたちを自宅から保育園に送り届けて出社し、また職場から保育園に迎えに行ってから帰宅するわけです。ついでに、間で食事の買い出しをする日もあったりするかもしれません。そうなると、自宅、保育園、職場の移動手段や距離が現実的でないとママはやっていけません。働く時間に対して、移動の時間が長すぎるとなんだか働く意味も薄れてしまいますし、出来る限り職場以外で疲れる要素を減らすために動線の確認はしっかりしておきましょう。

主婦のパートを探しているときには、就職支援サイトを参考にすることです。仕事の内容や時給、労働時間や場所など詳しい情報が記載されています。